CANADA LIFE BLOG

仕事でカナダに引っ越したら居心地が良くてそのまま居ついてついでにブログ始めました。

料理人が教えるホワイトソースの作り方。シンプルに美味しく!

 

gratin1

 

ホワイトソースの作り方を知りたい

ホワイトソースの作り方のコツを知りたい

ホワイトソースのレシピを知りたい

 

今日の記事はこんな方にお届けします。

 

この記事の内容

ホワイトソースのレシピは10:1:1これだけ覚えればOK!

余計なテクニックは必要なし。手順も単純。

ホワイトソースと味噌の和風グラタンのレシピ。

 

 

筆者は現役の料理人で現在カナダ在住

カナダでも受け入れられる和食を目指してホワイトソースのアレンジメニューも作ります。

 

 料理人が教えるホワイトソースの作り方。シンプルに美味しく!

 

graitin2

 

寒い冬に食べる料理は色々ありますがホワイトソースを使ったグラタンやシチューもその1つです。

 

市販のホワイトソースを使えば簡単で楽なのは間違いありませんが…

やっぱり自分で作ったものは風味も豊かで市販品より数段美味しいです。

何より色々とアレンジできるのもいいところ。

 

ネットで検索するとホワイトソースのレシピっていろいろ出てくるんですが

今回は僕がいつも作るときのシンプルレシピをご紹介します。

 

料理はシンプルに美味しく作る

 

ダマになったり作業がややこしかったりとイメージだけで難しそうな感じがするホワイトソースですが実はとても簡単です。

 

レシピと手順とコツさえわかれば簡単に美味しいホワイトソースが出来上がります。

 

何より家庭料理はややこしいことはしないで簡単に美味しく作るのが一番です。

 

作ってしまえばグラタンはもちろんパスタのソース、クリームコロッケなど色々使えて便利です。

 

ホワイトソースのレシピ 

 材料

  • 牛乳 200g
  • 小麦粉 20g
  • バター 20g
  • 生クリーム 10g
  • 塩胡椒少々
  • お好みでナツメグ

 

レシピを見て気づいた方もいると思いますが牛乳、小麦粉、バターは10:1:1です。

 

この割合だけ覚えて必要な量に応じて材料を増やしたり減らしたりすれば良いのです。

 

ただ、これだと割と固めに出来上がるので用途によって牛乳の量を増やしたりしてアレンジしてください。

 

シチューやパスタのソースに使う時は牛乳を13くらいに。

クリームコロッケに使う時は牛乳を8くらいにするのがちょうどいいです。

 

作り方

 

ホワイトソースを作るときに一番気になるのはダマですよね。

 

せっかく手作りしてもダマダマだらけのホワイトソースが出来上がったら気分は激萎えです。

次からはもう市販品で…なんてことにもなりかねません。

 

作り方のコツ

  • 小麦粉とバターをしっかりと炒めて一体化させる
  • 牛乳を一気に加える
  • 牛乳はしっかりと冷えたものを使う

 

この3点です。

 

特に冷えた牛乳を使うというのは超大事です。

 

理由はちょっと科学的なことでややこしいのですが、小麦粉が牛乳を吸い込むときに冷えた牛乳で温度を一定以下にした方がいいということです。

 

下準備

 

小麦粉だけ別鍋に入れてしゃもじで焦げないようにかき混ぜながら乾煎りします。

 

どのくらいまで乾煎りするかですが、水分が飛んで若干茶色くなるくらい。

小麦の生臭い匂いから香ばしい香りがするようになるまでです。

香ばしい香りは乾煎りしてるとすぐにわかります。

 

ちなみにこの下準備はやってもやらなくてもどっちでもOKです。

でもこれをやると小麦粉の風味がよく出てきます。

あとはバターとなじみやすくなる…気がします。

 

作り方

  • 鍋を弱火にかけてバターを入れて溶かす。
  • バターが完全に溶けてから1分ほど弱火で火を入れる。
  • 小麦粉を全て入れる。

 

Bechamelsauce2

 

  • かき混ぜながらバターと小麦粉をなじませる。
  • 最初はボソボソした感じなので馴染むようにしっかりと混ぜる。
  • さらに混ぜ続けて薄く茶色に色づいてクッキーのような香りがするまで火を入れる。(5分くらい)

 

Bechamelsauce3

 

  • しっかりと冷やした牛乳を一気に入れて泡立て器でよく混ぜる。(写真は鍋がアルミでアクが出るのでスパチュラーで混ぜてます)

 

Bechamelsauce4

 

  • 全体が馴染んだら弱火にかけてスパチュラーで底が焦げ付かないように混ぜる。

 

Bechamelsauce7

 

  • 沸騰しない程度に温めて塩胡椒で薄く味付けする。
  • 仕上げに生クリームを入れてさっと混ぜて完成。

 

Bechamelsauce10

 

このやり方で通常ダマができることはありません。

でも、もしできてしまったら目の細かいざるで温かいうちにこします。

冷えてからだと網目を通りにくくなります。

 

完成した後は落としラップをしてその上にボウルを置いて氷水を入れて早めに冷まします。

 

できれば数日のうちに使い切るのがベストです。

 

冷凍保存もできますが解凍するとボソボソになって使いづらいのでオススメしません。

もしどうしても冷凍する時は揚げる前のクリームコロッケやパスタソースなどある程度料理された状態で冷凍してください。

 

それと泡立て器を使うときに気をつけたいことが1つ。

 

泡立て器の材質によっては鍋を傷つけることがあります。

 

  • 特にテフロン加工の鍋やフライパンで作る時は金属のホイッパーはテフロンを傷つけることがあるので気をつけてください。 
  • もう1つ、和食のアルミ鍋は泡立て器で擦れるとアクが出てきます。
  • 最悪ホワイトソースを黒っぽく変色させることもあります。 

 

テフロンを傷つけないシリコンの泡立て器はこちら

 

 

ホワイトソースを使った和風グラタンのレシピ

 

gratin

 

さて、ホワイトソースが上手にできたついでに僕がよく作る和風グラタンのレシピを紹介します。

 

このレシピはカナダでガチな和食を作っても受け入れてもらえる気がしなかったので考えたものです。

ホワイトソースと白味噌は相性がいいのでそれを利用しました。

 

和風白味噌グラタン

 

材料

合わせ白味噌のレシピ

白味噌200g 練りごま5g みりん5g 酒5g 卵0.5個

 

  • ホワイトソース
  • 油揚げ
  • バター少々
  • ベーコン
  • 豆腐
  • 玉ねぎ
  • アスパラ
  • 胡椒

 

下準備

  • 合わせ白味噌は材料を合わせてから弱火にかけてしゃもじでまぜつづける。
  • 全ての材料が馴染んだら一度目の細かいざるでこして容器に移す。
  • 豆腐はキッチンペーパーで包みボウルなどを重石かわりにして軽く水分を抜いておく。
  • ベーコンは1cm大に切る
  • 玉ねぎは少し厚めにスライスしておく
  • アスパラは人差し指の第二関節の長さで切りそろえておく
  • 油揚げは冷凍してからおろし金で削っておく
  • バターは少量を削りとっておく。
  • オーブンは200度に温めておく

 

作り方

  1. 合わせ白味噌とホワイトソースは7:1の割合で合わせる。この時味噌に少しづつホワイトソースを加えながら混ぜるとムラなくなじみます。
  2. 豆腐は2cm四方に切る。
  3. アスパラは沸騰した湯に塩少々を入れて根元を1分半、穂先を1分ゆでて冷水で冷やす。
  4. フライパンでベーコンを炒めて脂が出てきたら玉ねぎを入れて塩胡椒を軽く振りしんなりするまで炒める。
  5. 耐熱容器に薄くバターを塗り底に1を少量入れる。
  6. 豆腐を入れて再度1を少量入れたら4を入れて上から1をかける。
  7. 最後に上にアスパラを1本分のせてバターと削った油揚げをのせる。
  8. オーブンで15分焼く。
  9. 焼き目が足りないようなら上火で炙り焼き目をつける。
  10. 熱々のうちに提供する

 

小さい器に個別に作っても大皿でたくさん作ってパーティーで出しても喜ばれます。

 

最後にホワイトソースの作り方のまとめ

 

  • 基本のレシピは牛乳、バター、小麦粉が10:1:1。
  • ゆるく作りたい時は牛乳を増やす。
  • 固く作りたい時は牛乳を減らす。
  • 小麦粉とバターをしっかりと炒めて一体化させる
  • 牛乳を一気に加える
  • 牛乳はしっかりと冷えたものを使う

 

 ぜひ手作りのホワイトソースに挑戦してみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。