CANADA Life Blog

カナディアンロッキーバンフ国立公園で遊ぶブログ

気温−20℃、2月のバンフの寒さをリアルに体験してきた。

 

banff-february14

 

真冬のカナダの様子が知りたい。

2月のバンフ旅行にどんな服装で行けばいいか知りたい。

 

この記事はこんな方にお届けします。

 

この記事の内容 

Extream Cold Warningの出てるバンフの寒さを実際に体験してきました。

2月のバンフへどんな服装で行けばいいか解説します。  

 

気温−20℃、2月のバンフの寒さをリアルに体験してきた。

 

banff-february9

 

カルガリーに住んでて良いいなと思うのは、気が向いたらすぐに世界自然遺産のバンフへ行けることです。 

 

朝起きて、気分で出発。だいたい1時間半くらいで着きます。

こんな感じで年中気が向いたらバンフへ行ってます。

 

バンフが何なのか、どこにあるのか分からない方へは別記事で解説しています。

 

今回も朝起きて気分で出かけました。

目的は…特にありませんでしたが、行ってからやったことといえばランチを食べたことと凍りついた川を見てきたくらいですね。

 

気が向いたら世界遺産でランチ…悪くはないです。。。

 

 

というのは冗談で、本当はこの日はスキーに行くつもりだったのですが、萎えるくらい寒くてスキーは断念しました。というか実際萎えたからスキーをやめたのですが。。。

 

というのも、カナダのアルバータ州は2月に入ってから猛烈な寒波が来てます。

この日もバンフの最高気温は−15℃でした。(夜は−30℃近くまで下がります

アルバータ州政府からはずっとExtream Cold Warningが出ていて、これが出るとスキー場も閉鎖になったりすることがあります。

 

ちなみに、カルガリー〜バンフ一帯は2月に入ってから一度も−10℃以上の気温になってません。

こんなに寒いのはカナダへ来てから初めてです。

1月までは暖冬で温暖化ヤバイなと思っていたのですがしっかり帳尻合うものです。

 

とにかく、真冬のバンフの町には行ったことがなかったのでどんな感じなのか興味津々で行ってきました。

 

真冬のバンフのダウンタウンはこんな感じです

 

バンフの町に入って驚いたのですが、結構雪がありました。

 

banff-february11

 

バンフ〜カルガリーは乾燥地帯で雪が降っても細かすぎてあまり積もることはないのですが、意外と積雪が。

 

特に道路の中央は除雪で積み上げられた雪がそれなりに。

そして気温が低いので道路はカチコチのアイスバーンで歩道もそれなりに雪があります。

 

気温が低いので日本のように融けた雪でぐちゃぐちゃというのはありません。

ですが所々で融雪剤を大量にまいてるので、ジトッとしてる場所があります。

 

banff-february14

 

メインストリートのバンフアベニューは歩道は圧雪が残っていますが、割と除雪されているところもあります。

車道は除雪された後の圧雪がカチコチになっています。

 

裏通りに入ると全く除雪されずに降った雪がそのまま圧雪になっています。

 

banff-february6

こちらは定番の撮影スポット。

バンフアベニューとバックにはバンフのシンボルカスケードマウンテン。

 

なお、あまり人が写っていませんがこの時期のバンフはこんな感じです。

レストランも結構空いていて並ぶこともなくすんなり入れます。

 

冬のバンフというのも個人的にはオススメなのですが、やはりみなさん寒いのは嫌なようで、オフシーズンになります。

 

2月の極寒のバンフの服装

 

ここで今回の服装をご紹介します。

 

先ほども言いましたが、この日のバンフは最高気温が−15℃。

着いた時はまだ−20℃くらいでその後太陽が出てきて急激に気温が上がりましたが、それでもかなり寒いです。

 

ちなみに−15℃だといくら寒いのに慣れてる現地住民でさえも外を歩きたくないレベルです。

 

僕も寒さには慣れている方ですがこの日は厳重に着込んできました。

本当は手袋もするべきなのですが、今日は忘れてきました。

カナダ生活5年目のそれなりに寒さに慣れてる人間ですが、これだけ着込んでても歩いてるとかなり寒いと感じます。

 

日本から来る人はもっと寒いと感じるはずです。

なので手袋必須、耳も帽子で覆うようにしましょう。

肌が出てるところは寒いではなくて痛くなります。

 

なお、今回足元はブーツではなくあえてのハイキングシューズ

なぜかというと、この後少しトレイルを歩くつもりだからというのもありますが、それ以上に歩道にまかれる融雪剤が結構靴を痛めるからです。

 

冬のカナダ旅行はおしゃれなブーツはNGです。

 

ハイキングシューズならもともとダメージには強いし、何よりブーツより安いので痛んでもOKということです。

そして最近気付いたのですがハイキングシューズって意外と温かい。

理由はよくわかりません…。

 

 

参考までにバンフの2月の天気の平年値のリンクを貼っておきます。

バンフの2月の平年値 

 

最後に

 

真冬のバンフへ旅行の計画がある方はとにかく寒いので、やり過ぎなくらいの準備をしましょう。

寒むくてホテルから出られなくなったりしたらもったいないですから。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。