CANADA Life Blog

カナディアンロッキーバンフ国立公園で遊ぶブログ

【バンフアスペンロッジレビュー】ダウンタウン徒歩圏内で無料朝食がうれしいホテル

 

banffaspenlodge-3

 

夏のバンフのホテル、はっきり言って高いです。

 

安いホテルでも1部屋200ドルは軽く超えてきます。

 

せっかくの旅行で失敗したくありませんよね、ホテル選び。

 

ということでこの記事ではバンフアスペンロッジの宿泊レビューをお届けします。

 

実際に泊まって確かめてきました。

 

バンフのホテル選びで悩んでる方、バンフアスペンロッジが気になっていた方この記事を読んでいただければどんなホテルなのかわかります。

 

 

バンフアスペンロッジレビュー

banffaspenlodge-6

結論から言うとバンフアスペンロッジはおすすめです。

 

滞在してる間はずっと気持ちよく過ごせました。

 

特別何か強いこだわりがない限りは良いホテルです。

 

バンフアスペンロッジはこんなホテル

バンフアスペンロッジはメインストリートのバンフアベニュー沿いにあります。

 

公式サイト

Home - Banff Aspen Lodge

 

買い物や食事の中心となるダウンタウンへは徒歩で5分ほど。

 

ショッピングで荷物がいっぱいでも、飲み疲れても歩いてすぐに帰ってくることができます。

 

近くにはバスの乗り換え拠点もあるのでバス移動を考えている人にもとても便利です。

 

ホテルの設備、サービス

バンフの中では比較的こじんまりとしたホテルなので設備とサービスはいいとこ取りしたという感じです。

 

館内は少し古めかしい感じがするのですが要所要所はしっかりとリノベーションされてきれいになっていました。

banffaspenlodge-29

 

もちろんフリーWi-Fiです。チェックインの時にパスワードをもらえます。

 

駐車場は地下とホテル裏にあって無料です。チェックインの時に駐車券を渡されて車のダッシュボードに置くように言われます。

 

ホテルの中庭にはコンパクトな温水プールがあります。午前9時から午後10時まで利用できて夜には照明で幻想的な雰囲気になってました。

 

banffaspenlodge-31

ただ、プールを取り囲むように各部屋への屋外廊下が配置されているのでプール利用時はもれなく注目を浴びます。

 

館内レストランは無くホワイトバーク(Whitebark)というカフェがフロントの横にあります。

 

ここのコーヒーは美味しいのでオススメです。宿泊客以外の人もかなりいて混雑していました。

ちょっとしたパンやケーキ、サラダもあります。

バンフアスペンロッジ
 
アスペンロッジの無料朝食

レストランがないと言いましたが朝食専用のダイニングルームが地下1階にあり宿泊者へ無料で朝食を提供しています。

banffaspenlodge-30

 

バンフのホテルの無料朝食というとベーグル、マフィン、トーストとちょっとした果物、ヨーグルトやシリアル、気の利いたところでセルフで焼くワッフル程度で、まさに無料なんだからこんなものでいいでしょ的なものがほとんどです。

 

ですがアスペンロッジの無料朝食は温かいスクランブルエッグにハッシュブラウン、ソーセージなどもあって味も良かったです。

banffaspenlodge-5

 

日本のホテルの朝食のような何種類も料理があるバイキング方式ではないのですが(そもそもカナダにそんなホテルありませんが。)バンフの他のホテルとは違ったサービスでおすすめです。

 

しっかりとしたものを食べるとこができるということで朝食会場はかなり混雑していました。

 

レストランで朝ごはんに20ドル近く払いたくないという方には充分な朝食です。

バンフアスペンロッジの部屋

今回泊まったのは1クイーンベッドのスーペリアルームです。定員は2人。

 

ランクとしては4ランクあるうちの下から2番目。本当は一番下のエコノミールームで良かったのですが今回は空いてませんでした。

 

入り口付近からの様子。部屋の形が少し変わっていて三角形です。

もともと上のランクの角部屋だったところを無理やり半分にしたのではないかと勝手に推測。

banffaspenlodge-14

部屋の広さは22㎡となっていたのでそれほど広くないはずなのですがこの三角形のおかげでスペースがあるので広く感じます。

 

壁は厚いようで隣の部屋の音は全く聞こえません。

 

反対側バルコニー側から

banffaspenlodge-17

 

ベッドはクイーンとなっていますが少し小さいような気がします。

banffaspenlodge-15

寝相の悪いカップルならどちらか落ちますね。

 

バルコニーは椅子が2つ。

banffaspenlodge-23

バンフの涼しい風に吹かれながらビールでも飲んだら最高です。

 

バルコニーにはサイドテーブルがなかったのですが部屋のを持って来れば問題なしです。

 

景色は残念ながら向かいのムースホテル。

banffaspenlodge-25

ちなみにですがバンフのダウンタウンのホテルは基本景色は期待できません。

どこに泊まってもだいたいこんな感じです。

 

建物同士が密集していてホテルも低い建物ばかりだからです。

 

ですがどこかしらの山は見えるのでカナディアンロッキーに来てる実感はしっかり感じることができます。

バンフアスペンロッジ
 
バス、トイレ

banffaspenlodge-9

バストイレ洗面所は珍しい1直線配置。

 

扉はトイレと洗面所の間にあります。

 

洗面所まわりだけやけに広くスペースを取っているのですがその分トイレが少し窮屈です。

 

小さいですがバスタブもあります。

banffaspenlodge-11

シャワーの湯量と温度調節は問題ありませんでした。

 

バスまわりのアメニティ類はシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、石鹸です。シンプル。

banffaspenlodge-10

 

アメニティー

部屋に入るとすぐにクローゼットがあり、そこに金庫、アイロン、送風機、ガウンがあります。

banffaspenlodge-20

 

他にテレビ、冷蔵庫、コーヒーメーカー、湯沸かし器。

banffaspenlodge-19

 

コーヒーメーカーはバンフでは珍しいネスプレッソでした。

banffaspenlodge-13

 

一番小さいモデルでコーヒーの量は少なめですがやはりネスプレッソは美味しいです。

 

バンフアスペンロッジの宿泊料金

参考までに今回泊まったスーペリアルームのエクスペディアでの宿泊料金です。

 

夏は32,987円なので1人あたりで約16,493円です。

なお一番下のエコノミールームは8月9月はほぼ完売しています。

banffaspenlodge-34


冬は12,439円、一人当たり約6,219円とかなり安くなります。

banffaspenlodge-33

 

夏と冬で価格差が2倍以上ありますがこれはバンフのホテルの全ての特徴です。

 

冬も色々と見るところもすることもあって楽しい場所なんですけどね。

 

なおバンフアスペンロッジ公式サイトからも予約できますが値段が高めです。

 

バンフアスペンロッジまとめ 

  • ダウンタウンまで徒歩5分バンフアベニュー沿い
  • 近くにはバス乗り換え拠点あり
  • しっかりとした無料朝食が食べれる
  • 温水プールあり
  • フロント横のカフェは美味しくておすすめ
  • 夏は約33,000円〜冬は約12,500円〜

 

バンフアスペンロッジ
 

 

今回はバンフアスペンロッジについて書きました。

 

部屋は広さの割に余裕のある作りでゆっくりできておすすめです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。