CANADA Life Blog

カナディアンロッキーバンフ国立公園で遊ぶブログ

カルガリーからバンフの移動をレンタカーとバスで比較【費用、時間、快適性、自由度など】

 

banff-cascademountain1

 

カルガリーからバンフへの移動で悩むのがレンタカーかバスどちらにするか。

 

それぞれメリットデメリットがあるので一概にどちらがいいとは言えません。

また旅のスタイルもいろいろあるので人によっても変わってきます。

 

そこで本記事ではバンフへの移動でレンタカーとバスを使った場合について比較しました。

 

この記事を読んでいただければそれぞれのメリットデメリットを比較することができます。

 

この記事ではカルガリーからバンフへの移動について

時間、費用、自由度、快適度

について比べていきます。

 

旅行中の移動をあらかじめ確認しておけばスムーズに移動できます。

何より余計な心配ごともなくなるので旅を楽しむことができますね。

カルガリー空港〜バンフ、レイクルイーズ日本語送迎サービス
日本人ドライバーによる安心、親切、丁寧な送迎サービス。各ホテルまで送り届け、お迎えします。
おかえりの際にはカルガリー空港でのチェックインのお手伝いも。
 

 

 

カルガリーからバンフの移動レンタカーとバスで比較

transcanadahighway-2019091

 

それぞれメリットデメリットを比較していきます。

 

カルガリーからバンフへレンタカーで移動するときのメリット

海外で運転するなんて難しいと思う方がいるかもしれませんが、バンフまでだったら道はほとんど一本で広くとても運転しやすいです。

 

レンタカーを借りる際にはクレジットカード、国際免許証、パスポートが必要なのでお忘れなく。 

 

最速で移動できる 

カルガリーからバンフへの移動にかかる時間は車なら約1時間半です。

これは法定速度を守ってトランスカナダハイウェイで休憩なしで行ったときの時間です。

 

カルガリー空港もしくはカルガリー市内からトランスカナダハイウェイに入ったらひたすらまっすぐ進むだけなので迷うこともありません。

 

車でのバンフへの行き方はこちらの記事で解説しています。参考にどうぞ。


自由に行動できる

これがいちばんのメリットですね。レンタカーならとにかく自分の都合で動けます。

 

高速道路沿いには絶景ポイントや休憩所があるのでそこでカナディアンロッキーの写真を撮ったり一休みなんてこともできます。

 

バンフの手前にキャンモアという町があるのですがここは大きな町なのでバンフよりはいろいろと揃っています。

何か足りないものを買い足したりランチ休憩、コーヒー休憩などでよるのに便利です。

 

デメリット

続いてデメリットです。

 

バスに比べると割高

カナダのレンタカーは基本料金、ガソリン代ともに日本よりは少し安くなっています。

2019年現在ではかなりのカナダドル安なのでそれも考えるとかなり安いです。

 

しかしバスと比較するとやはり割高です。

 

バスの往復の最安はカルガリー市内発週末限定でCA$20というというのがあります。

 

レンタカーはどんなに安くてもガソリン代込みでCA$100くらいは必要なので全く歯が立ちません。

 

誰か一人は必ず運転に集中しなければならない

当たり前ですが誰かが運転する必要があります。

 

数人での旅行なら交代で運転できますがひとり旅の場合はひたすら運転なので景色とか見る余裕はありません。

 

 

カルガリーからバンフへバスで移動するときのメリット

次はバスについて。

カルガリー〜バンフのバスを運行してる会社は数社あります。

 

空港(一部市内発空港経由)〜バンフ

 

カルガリー市内〜バンフ

 

レンタカーに比べると割安

先ほども言いましたがバスなら週末限定で往復CA$20で行けます。

一度カルガリー市内まで行く必要がありますがそれを考えても圧倒的な安さです。

 

若干本数は少ないのですが時間に余裕のある方はこれで行くのがオススメします。

 

ちなみにカルガリー〜バンフのバス料金は空港発でCA$123〜CA$136、カルガリー市内発だとCA$20〜CA$60くらいです。

 

空港発のバスは料金は高いけど本数多め、市内発のバス料金は安いけどは本数少なめという感じですね。

 

カルガリー空港〜カルガリー市内はバスで約40分、CA$3.40となっています。だいたい30分間隔で運行されています。

 

バスでのバンフへの行き方はこちらの記事で解説しているので参考にどうぞ。

 

バスなら座っているだけで良い

快適性で言えばレンタカーよりバスが圧倒的に上です。

 

乗ってしまえばあとは座って目的地に着くまで待つだけ。フライトで疲れてたら寝ることもできます。

 

窓から見えるカナダの景色をじっくりと見るのも楽しくてオススメです。

 

ちなみにバンフまでの車窓は前半はひたすら牧草地の中をまっすぐ進みます。放牧中の牛や馬が見えるのもここです。

 

カナディアンロッキーの山が迫ってくるのは40分ほど走ってからで、ここから左右にロッキーの岩山が見えて道路もカーブの連続になります。

 

デメリット

バスでのデメリットについて解説します。

 

自由度が低い

これは仕方ないのですが、バスは途中できれいな景色があっても寄り道してくれません。

そして決められた時間でしか運転されないのでそれに合わせる必要があります。

 

飛行機が遅れたとかのトラブルに対しては他のバスに振り返るなど柔軟に対応してくれますがレンタカーに比べると旅の自由度という点で劣ります。

 

遅い

レンタカーが約1時間半でバンフまで行けるのに対してバスは2時間かかります。

これはどのバス会社もほぼ同じです。

 

たったの30分なのですが、時間に限りある旅行中は結構貴重かもしれません。

 

安全運転に徹しているのと、途中でキャンモアに寄ってお客さんを降ろしたりするので仕方ないのですが。

 

空港発のバスは基本的にバンフでは宿泊施設まで送り届けてくれます。ドライバーさんに宿の名前を伝えましょう。

 

英語力が必要

当たり前ですがチケットを買うのも運転手さんとのコミュニケーションも英語です。

 

とは言えそれほど高い英語力は必要なく、日常会話程度で大丈夫です。

それと向こうも英語の苦手なお客さんに慣れているのでコミュニケーションは成り立ちます。

 

カルガリーからバンフへ旅行会社の送迎サービス

ここまでレンタカーとバスを比較してきましたがもう一つ日本の旅行会社による空港〜バンフの送迎サービスがあるのでご紹介します。

 

日本語対応

このサービスは現地の日本人向けツアー会社に依頼するので日本語で対応してもらえます。

 

移動の間もガイドさんの解説付きで快適に移動することができます。

 

帰りは空港の手続きのお手伝いも

バンフからカルガリー空港へ戻るときは空港でチェックインのお手伝いもしてくれます。

海外の空港での手続きが不安な時には頼もしいですね。

 

料金は割高

こんなにありがたいサービスですが、残念ながら料金は割高です。

おおよそですがレンタカーと同じ料金で片道分となります。

 

とはいえ、オール日本語で現地在住のドライバーによるガイド付き、もちろん宿泊施設までの送り届け、送り迎え、空港での手続きのお手伝いなど至れり尽くせりであればむしろ割安に感じます。

 

一人だと運行されないことがある

これは現地ツアーにありがちなのですが2人以上からしかサービスを行わない場合があります。

 

バンフのハイシーズンの夏はひとり旅でも大丈夫かもしれませんが冬の間は何人かでの利用にした方が安心です。

カルガリー空港〜バンフ、レイクルイーズ日本語送迎サービス
日本人ドライバーによる安心、親切、丁寧な送迎サービス。各ホテルまで送り届け、お迎えします。
おかえりの際にはカルガリー空港でのチェックインのお手伝いも。
 

 

バンフから先レイクルイーズへの移動についてはこちらの記事で解説しています。 


自分にあったスタイルを見つけて快適に移動しよう

レンタカー、バス、どちらもメリットデメリットがあります。

大事なのは自分の旅のスタイルと一番合っているものを選ぶことです。

 

レンタカー、バスそれぞれの中での選択肢は多いので自分に一番合うものを選んでください。

 

ちなみに僕は車派です。

カナディアンロッキーの運転は結構楽しいですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。