CANADA LIFE BLOG

仕事でカナダに引っ越したら居心地が良くてそのまま居ついてついでにブログ始めました。

カルガリーからバンフ車での行き方【道順、注意ポイント、バンフでのおすすめとか】

カナダのバンフ周辺は年間を通じて見どころの多い場所です。

春のハイキング、夏の湖めぐり、秋の黄葉、冬はスキーなど。

僕もカナダ在住5年目ですがバンフは何度行っても新しい楽しみ方、発見があります。

 

これから旅行を計画される方もいると思うのですが、バンフまでの移動方法が悩みのタネらしく、

 

カルガリーからバンフへレンタカーで行けるものなのか?

ツアー会社の送迎の方が安心できそう。

 

こんな声をよく聞きます。

 

結論から言いますと、レンタカーが圧倒的にオススメです。 

 

自分で運転するので疲れたり景色が見れないなどデメリットもありますが、それ以上にメリットの方が大きいです。

 

カルガリーからバンフの道中には寄り道したくなるポイントがたくさんあります。自分の思うがままに寄り道できます。

料金的にもレンタカーが断然安いです。

レンタカーがあればバンフからの帰りにカルガリーでショッピングモール巡りもできます。

海外での運転に不安だと思いますが、基本的にはほぼ一本道。

市街地で守るべき最低限のルールはありますが、それほど難しくありません。この記事でも簡単に説明します。

 

ということでカルガリーからバンフへのレンタカーでの行き方をご紹介します。

 

  

あくまで自己責任でお願いします。

運転に際して起こったトラブルなど当ブログでは一切責任はとりません。

 

カルガリーからバンフ車での行き方【道順、注意ポイント、バンフでのおすすめとか】

あたりまえですが、安全運転で余裕を持っていきましょう。

カナダは左ハンドル右側通行です。

高速道路の制限速度は90km~110kmですが、みんなかなり飛ばします。

マナーの悪いドライバーもいるので気をつけましょう。特にウインカーを出さない人が多いです。

冬はスリップ防止で小石が撒かれます。はね上げられた石が飛んでくるので車間距離とったほうがいいです。

 歩行者絶対優先です。そこは日本よりかなりシビアです。

 

 

2019年4月12日追記

最低限知っておきたいカナダアルバータ州の交通ルールをまとめました。

 

バンフへ出発前、まずカルガリー 空港で車を借りる 

 

まずはカルガリー空港でレンタカーを借りてしまいましょう。

日本からあらかじめ予約していくこともできます。

日本の運転免許と国際免許、パスポートと、支払いはクレジットカードだけなので忘れずに。

 

カルガリー国際空港からのレンタカーを一括検索する

現地で手配するよりも日本で決めてカルガリーで受け取ればスムーズ。

 

まず最初に次のことを確認しましょう。

予約した車種か、予約した装備は入ってるか。

保険のカバー範囲は無制限にしておく。

フロントガラスの傷の保障も忘れずに。

冬はウィンタータイヤ必須です。

 

カルガリーからバンフへは二通りの行き方がある

カルガリーからバンフへは二通りの行き方があります。

 

ボウリバートレイル

いわゆる旧道です。

対面通行で制限速度は90kmですが、みんなかなり飛ばすので結構怖いです。

それと夜になると明かりが全然なくて暗いです。

途中にコクレンという古き良き町があってなかなか楽しいところです。

カナディアンロッキーが近くなると急カーブの連続になります。

2018年にこの道路で発砲事件があってドイツ人旅行者が怪我をしました。(犯人検挙済)

 

トランスカナダハイウェイ

カナダを横断する高速道路です。(無料)

広い四車線道路で制限速度は110km。バンフ国立公園に入ると90km制限になります。

サービスエリア3ヶ所(日本みたいなのをイメージせずにガソリンスタンドとコンビニがある程度と思ってください。)

途中ところどころにビューポイントが設定されていて景色を眺めることができます。

 

安全のためトランスカナダハイウェイでいきましょう。今回もそれ前提で解説します。

 

カルガリーからバンフ行程

1.空港からストーニートレイル

ここら辺は特にわかりづらいところはありません。ナビか標識に従っていけば間違うことはないです。

行程としては空港~ディアフットトレイル(Deerfoot Trail)~ストーニートレイル(Stoney Trail)です。

ディアフットトレイルは北方面、ストーニートレイルは西方面に向かいます。

 

2.トランスカナダハイウェイ

ストーニートレイルからトランスカナダハイウェイ への乗り換えは西方面を目指します。

ここも簡単なので迷うことはないはず。

 

トランスカナダハイウェイのマークはわかりやすいので目印にします。

カナダ大陸横断道路の標識

 

 

トランスカナダハイウェイに入るとカルガリー郊外の牧草地と遠くに見えるカナディアンロッキーの景色が広がります。

牧草地には牛や馬もいます。

道路があまりにも一直線でカナダ感を一番感じる場所ですね。

 

カルガリー 〜キャンモア、サービスエリアと運転注意箇所

 

地図に詳細を載せたのでそれも合わせて見てください。

 

トランスカナダハイウェイ に入ってから15分ほど走ると最初のサービスエリアが右側にあります。

ここのコンビニはレッドブルを常に割引で売っているので疲れている時などはオススメです。コーヒーも売っているので眠気覚ましにも。

 

サービスエリアはここを過ぎると20〜30分おきくらいにあります。

 

この区間にはいつも運転を注意するポイントが2箇所あります。

 

Scott Lake Hill

これからカナディアンロッキーに入ろうかという場所。

長い上り坂とその後の急な下りからの急カーブです。

景色に見とれそうになりますが運転に集中しましょう

 

Lac des Ark沿いの急カーブ

カナディアンロッキー入ってすぐのところです。

ここは95kmの速度制限になります。

右側に広い湖が見えますが、運転に集中しましょう。

ビューポイントがあるのでそこで休むのもアリです。

冬は湖が凍って入ることができます。

このエリアではたまに道路脇にマウンテンシープがいたりします。

 

3番目のサービスエリアを過ぎるとすぐにカナディアンロッキー最初の町キャンモア(Canmore)に到着します。

キャンモアは大きな街でカフェ、レストラン、スーパー、ショップ、ガソリンスタンドと一通りなんでもあります。

ダウンタウンもリゾート地っぽい感じで多くの人で賑わっています。

 

3.バンフ国立公園入り口の料金所

キャンモアを過ぎるといよいよバンフ国立公園です。

カナダの国立公園は入場料が必要なため高速道路上には料金所があります。

 

料金所ではすでに入場用のパスを持っている人が通るスルーゲートが右側に、これからパスを買うための有人ゲートが左側にあります。

 

オンラインですでに料金を払っている人はいいのですが、まだの人はちゃんと左側のゲートでパスを買いましょう。

 

初めてバンフに来た時に何もわからずにスルーゲートを通ったのは僕ですw

 

国立公園の入場料についての詳細はリンク先を確認してください。

 

カナダ国立公園入場料の概要

カナダ国立公園の入場料

 

オンラインからも買うことができます。(年間パスは届くまで日数がかかります

通常の入場用

年間パス

 

カナダ国立公園入場料

入場から次の日の16時まで

大人1名/$9.80

7名まで/車1台$19.60

 一年間有効なパス

大人1名/$67.70

7名まで/車1台/$136.40

 

公園内では料金所でもらったレシートをフロントガラス左側に貼り付けるか、シーズンパスの場合はバックミラーにぶら下げてよく見えるようにしておきましょう。

 

 国立公園職員が定期的に見回りをしていて、その時にパスが確認できないと罰金を請求されます。レンタカーの場合はクレジットカードから容赦なく差っ引かれるので注意が必要です。

 

4.バンフの高速出口は2ヶ所

高速からバンフへ向かう出口は2箇所あります。

 

最初の出口はバンフアベニュー(Banff Avenue)。

バンフのメインストリートのバンフアベニューに東側から入ります。

 

次の出口はノウケイ(Norquay)となっていますがこれはバンフの町の反対側の山にあるスキー場の名前です。

この出口で降りて左折するとバンフのダウンタウンに西側から入ります。

 

ダウンタウンはほぼ30km制限で歩行者が頻繁に渡るので注意しましょう。

 

バンフのダウンタウンで運転するときの注意

 

赤いSTOPの標識の下に3wayまたは4wayとある交差点。

この標識のある一時停止交差点では交差点に到着した順に発進します。

 これです。

 

歩行者絶対優先

信号のない場所でも歩行者が渡ろうとしていたら停止して歩行者を通してください。

 

歩行者ランプ

横断歩道のある場所で歩行者がボタンを押すと黄色く点滅するランプです。当然車は絶対停止です。

 

緊急車両優先

緊急車両がサイレンを鳴らして近づいてきたら右側に避けましょう。道が狭い場合や混雑してる時は右側で止まります。

 

合流は余裕が無い

日本のように合流車線が長く取ってある場所は少ないです。十分注意して場合によっては一旦停止します。

 

 5.バンフのダウンタウン

バンフに着いたら車はホテルに止めて歩くのをおすすめします。

そんなに広くはないので徒歩で十分です。

一応無料の駐車場もありますが2時間制限となっています。

 ついでに僕のおすすめレストランと24時間営業のコンビニも印をつけておきました。

 

 バンフについてはこちらの記事もどうぞ。

www.healthypine.com

www.healthypine.com

 

バンフのダウンタウンはバンフアベニューを中心に両サイドにホテル、レストラン、ショップなどが並んでいます。

高い建物は無く、背後のカナディアンロッキーの山に街並みが溶け込んで歩くだけでも楽しい街です。

バンフダウンタウンの街並みと背後にそびえ立つカナディアンロッキーの山。

バンフのホテルは一年中予約が取りにくいです。

ホテル自体が不足しているのと、直前までキャンセルができる予約システムのせいです。

 

エクスペディアでバンフのホテルを地図から探す

旅行を計画したらまずホテルを確保することをおすすめします。変更は後からでも大丈夫です。

 

ちなみに、バンフの二大高級ホテルのバンフ・スプリングスホテルとリムロックリゾートはダウンタウンから少し離れた場所にあります。

 

 以上ざっとでしたがカルガリーからバンフまでの車での行き方でした。

 

バンフからレイクルイーズへの行き方は別記事で解説しています。

 

カルガリー国際空港からのレンタカーを一括検索する

エクスペディアでバンフのホテルを地図から探す

 

 

安全運転で楽しい旅行にしましょう。良い旅を。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。