CANADA LIFE BLOG

仕事でカナダに引っ越したら居心地が良くてそのまま居ついてついでにブログ始めました。

カナダ、バンフ国立公園日帰りハイキング記(前編)カルガリー出発〜ラーチバレイ

カナダは例年より早い冬の訪れでハイキングシーズンもほぼ終わり…かと思われましたが、9月の最終週末に最後のあがきでバンフ国立公園の中にあるラーチバレイ(Larch Valley)というバンフの中ではかなり有名なトレイルへ友人3人と出かけてきました。

 

このトレイルはその名の通りカラマツが生い茂る中を進んでいきます。毎年9月に入るとカラマツが黄色く色づき始めて幻想的な景色となりたくさんの人が訪れます。

 

今年のバンフ国立公園は9月上旬から積雪があり、当日も雪予報が出ていたのですが、今行かなければ来年までチャンスはないということで強行してきました。結果山の上の方では積雪がありましたが、雪と黄色く色づいたカラマツとのコントラストも見ることができて素晴らしいハイキングとなりました。写真とともにご紹介します。

 

www.healthypine.com

 

 

 

今日のスケジュール

このトレイルはモレーン湖から入って行くのですが、当然駐車場問題が出てきます。

モレーン湖の駐車場問題については以前の記事をご覧ください。)

 

www.healthypine.com

 

今回は、駐車場競争に加わって朝早く起きるのは無駄に疲れるのでやめて、最初からオーバーフローパーキングに車を停めてそこからモレーン湖までのシャトルバス狙いで行くことになりました。なのでかなりゆっくり出発です。

 

ちなみにシャトルバスはこちら。スクールバスが使われます。

今回熊対策でベアースプレーを持っていきましたが、バスに乗るときはスプレーをカバンの中にしまうように指示されます。

駐車場に並ぶ黄色いシャトルバス

モレーン湖のシャトルバス

 2018年9月30日スケジュール

  • AM7:45〜 カルガリー市内で3人を順番にピックアップ。
  • AM8:45 トランスカナダハイウェイに入り一路モレーン湖方面へ(途中15分ほどの休憩挟む)
  • AM10:30 オーバーフローパーキング到着
  • AM10:45 シャトルバス乗車〜モレーン湖へ
  • AM11:10 モレーン湖到着、トイレ、準備など
  • AM11:30 登山開始
  • PM13:00 ラーチバレイにて昼食
  • PM13:45 センチネルパスへ向けて出発
  • PM14:30 センチネルパス山頂到着
  • PM14:45 下山開始
  • PM16:00 下山
  • PM16:30 シャトルバス乗車
  • PM17:00 カルガリーへ向けて出発(途中15分ほどのコーヒー休憩挟む)
  • PM19:00 カルガリー市内で3人を順次ドロップオフ
  • PM20:00 帰宅

  

ほとんど冬のモレーン

3週間ぶりのモレーン

モレーン湖は9月9日以来3週間ぶりでしたが随分と雪が増えて冬の装いでした。

f:id:jphealthypineca:20181001164605j:plain

 

出発前にロッジでトイレを済ませます。

f:id:jphealthypineca:20181001164634j:plain

 

モレーン湖は10月1週目の週末でクローズとなるのでカフェも店じまいに向けてメニューを減らしていました。パティオも寒いのでクローズ。

f:id:jphealthypineca:20181001164650j:plain

今回のトレイル

www.alltrails.com

 

モレーン湖からトレイルに入りラーチバレイを通りセンチネルパスに着きます。

往復約11km、標高差約790m。

 

服装は靴下までヒートテックにして下は2枚、上は3枚とスキーウェア。気温は氷点下4度の予想が出ていたのでカバンの中にはさらに薄手のダウンとスキーウェアのパンツを入れておきました。

 

山頂方面は積雪も考えられたのでレンタルのアイゼンも持っていきます。

 

寒さがどの程度かわからなかったので用心に用心を重ねましたが、結果的には登り始めてすぐ暑くなって全員が上着を脱ぎました。

 

トレイルの様子

AM11:30登山開始。トレイル脇には雪がうっすら積もり冬の訪れを感じます。熊に注意的な看板も。バンフ国立公園内にはブラックベアーとグリズリーの2種類の熊がいます。大人しめなのはブラックベアーの方。できればどちらにも出会いたくありませんが…。

f:id:jphealthypineca:20181001164756j:plain

 

f:id:jphealthypineca:20181001164812j:plain

 

前半は普通の登山道です。雪も道にはなく普通に歩いていけます。まだまだアイゼンの出番はありません。

f:id:jphealthypineca:20181001164835j:plain

 

眼下にモレーン湖、向かいに氷河。氷河の上の積雪は増えていました。

f:id:jphealthypineca:20181001164857j:plain

 

登り始めて1時間ほどで分岐になります。ここから徐々に黄色いカラマツが増えていきます。道がだんだんぬかるんでいきます。

f:id:jphealthypineca:20181001164919j:plain

 

見どころ

10ピークスと色づいたカラマツ。

実はこのあたりから一眼を持ってこなかったことを激しく後悔します。重いので持ってこなかったのですが、iPhone6Plusのカメラでは役不足でした。

 

カラマツが増えていき開けた場所に出ます。背後に10ピークスの白い峰々と手前に黄色いカラマツ。まさにカナディアンロッキーというカナダらしい風景。ここの景色は本当に素晴らしくて、どうにかしてiPhoneのカメラでそれが伝わるように撮りたかったのですが、これが限界でした。。。

f:id:jphealthypineca:20181001165155j:plain

 

f:id:jphealthypineca:20181001165215j:plain

 

道はこのあたりから緩やかになっていきます。雪が増えてきましたがまだアイゼンを出すほどではありません。

f:id:jphealthypineca:20181001165300j:plain

 

森林限界を超えて遠くにセンチネルパスを見る

カラマツ林を過ぎると森林限界です。見渡す限りの雪原になりました。トレイルにも雪が積もっていました。登りが緩やかなのでアイゼンはまだ必要ありませんが、景色は完全に冬です。

 

今回の最終目的地はこの写真の山に挟まれた真ん中のへこんでる辺りまで。まだ少し距離があります。というか、この時点で僕はそこまで行くのを知りませんでした笑

f:id:jphealthypineca:20181001165420j:plain

 

この時点で13時近かったのでいったん休憩してランチにしました。

f:id:jphealthypineca:20181001165655j:plain

 

岩の上にお弁当広げて立ち食いです。

歩くのやめてじっとすると寒くなってきます。

 

雪はかなりサラサラ。

f:id:jphealthypineca:20181001165935j:plain

 

ここで40分程休んでから残りのトレイルへ出発です。

 

そしてここからこいつの登場です。

f:id:jphealthypineca:20181001165952j:plain

 

後編へ続く

 

www.healthypine.com