CANADA Life Blog

カナディアンロッキーバンフ国立公園で遊ぶブログ

カナダからアメリカ経由で帰国する時の流れを解説

 

united-787

 

カナダからアメリカ経由で帰国する時の手続きってどうやるのかな?

ESTAは必要なのかな?入国審査はどうすればいいんだろう?荷物は一度ピックアップしないといけないのかな?

今日はこんな疑問を持っている人に向けた記事です。前回の日本→アメリカ→カナダの逆バージョンですね。全てまとめて解説します。

 

この記事ではカナダからアメリカ経由で日本へ行く時の全体の流れとカナダ、アメリカそれぞれの空港での手続きについて解説します。

 

アメリカ経由で帰国する人、北米を周遊する人、どちらの方もこの記事を読んでいただければ乗り継ぎに対する不安は解消されます。手続きと流れさえわかれば当日は迷うことなくスムーズに移動できます。

 

僕自身も日本へ帰国する時には安いアメリカ乗り継ぎ便を使いますし、先月もサンフランシスコ経由で往復してきました。

 

 

カナダからアメリカ経由で帰国する時の流れを解説 

flightticket

 

最初に皆さんが一番知りたいであろうことを言っておきます。

 

ESTAは乗り継ぎでアメリカに一瞬寄るだけでも必ず必要です。

 

まだ持ってない人は今すぐ取りましょう。

 

ESTAを持たずに空港に行くとどうなるかはこちらのNaoさんのブログに詳しく書かれています。

ameblo.jp

もう悲劇としか言いようがないし余計な時間もお金もかかるので気をつけてください。

何より精神的に疲れます。

 

カナダからアメリカ乗り継ぎで帰国する時の流れ

  1. カナダの空港でチェックイン、荷物預け入れ
  2. アメリカ便専用のセキュリティチェック
  3. そのままアメリカ入国書類記入、入国審査
  4. アメリカ入国
  5. 飛行機搭乗、出発
  6. アメリカの空港に到着
  7. 乗り換え便のゲートへ
  8. 飛行機搭乗、出発
  9. 日本へ帰国

このような感じです。

 

ちょっと待て順番がおかしくないかと思いましたか?

カナダの空港でアメリカの入国審査?

 

実はカナダからアメリカへ飛行機で入るときはカナダの空港でアメリカの入国審査があります

calgaryairport3

カルガリー国際空港のアメリカ入国審査エリア。

 

セキュリティチェックもアメリカ便は全て別になっていています。

 

もちろんアメリカの入国審査官もいます。

 

僕も初めての時は驚きましたが隣国同士で行き来する人も多いのでアメリカの空港での混雑防止のためにこのようになっています。

 

カナダの空港での手続きと注意点

ではカナダの空港でアメリカへ入国するまでについて解説します。

 

空港には早めに行く

通常は飛行機に乗る前にはセキュリティチェックを受けるだけですがアメリカ便に乗る時は入国書類の記入と入国審査があります。

 

手続きが2つ余計にあってその分時間がかかるので空港には早めに行きましょう。

 

特に入国審査は時間帯によっては大行列になっていることもあります。

 

入国書類の記入の仕方

これは以前は入国カードに記入していましたがアメリカの空港で導入が進んでいるKIOSK端末がカナダの入国審査場でも導入されています。

calgaryairport1

 

アメリカの空港にあるものと同じで日本語にも対応しているので画面の指示通りに記入していけば問題なしです。

 

辞書を見ながら英語の入国カードと格闘する必要はありません。

 

税関申告もここであるので素直に入力しましょう。

 

全て終わればKIOSK端末から書類が出てくるのでそれを持って入国審査の列に並びます。

 

入国審査官が聞いてくること

列が進んでやっと自分の番になったらNext!と呼ばれて入国審査官とご対面です。

 

アメリカの入国審査官はみんなガタイの良い人ばかりでちょっと腰が引けますが、大抵は愛想の良い人ばかりなので安心してください。

 

ここでは英語で質問されますが聞かれることは大抵決まっています。

 

  • どこへ行くのか(Where are you going?)
  • 目的は何か(What's the purpose of your visit.)
  • 何日滞在するのか(How long will you be satying?)
  • 仕事は何か(What's your occupation?)
  • どこに住んでるのか(Where are you living?)

 

細かい言い回しは人それぞれですがだいたいこんなところです。

 

ここで英語を聞き取れずにオドオドするとムッとされますが落ち着いて冷静に答えましょう。

 

英語が聞き取れなければもう一度聞き返しましょう。Sorry?と聞き返せばもう一度言ってくれます。What?と聞き返すのは失礼なのでやめておきましょう。

 

早すぎてわからない時もゆっくり話してほしいことを伝えたほうがいいです。(Could you please speak more slowly?)

 

声の小さい人や英語を理解しないのに適当に答える人は怪しまれます

 

質問が終わると指紋の読み取りと顔写真の撮影で入国審査は終わりです。

 

入国審査が終わるとそこはもうアメリ

無事に入国審査が終わればあとはゲートに向かうだけなのですが、法律上そこはもうアメリカ領土です。

 

アメリカ国旗が大きく描かれた壁やオブジェがあります。

 

でもカナダのお土産が売られてる免税店もあるし通貨はカナダドルなのでご安心を。

 

カナダの主要空港ではこのようにアメリカ便は全てひとまとめにされて他の国際線とは別になっています。

 

空港がアメリカ行きとそれ以外の国際線と二重構造になっているんですね。

 

アメリカの空港での手続きと注意

airport2

 

カナダで乗った飛行機はアメリカの空港では国内線エリアか国際線エリアでも免税店が並ぶ搭乗エリアに降ろされます。

 

入国審査はすでに終わっているので基本的には特に手続きはありません。乗り継ぎ便のゲートに向かうだけです。

 

新たなセキュリティチェックも無いし予約の時に通しで取ったチケット(1回の予約で取った)であれば荷物も引き取る必要もありません

 

乗り継ぎ時間はゲートへの移動時間だけです。

 

出発まで買い物でもして待ちましょう。

日本→アメリカ→カナダの時と違ってカナダの空港で買った液体物の免税品はセキュリティチェックがないので機内持ち込み大丈夫です。

 

ただしここではアメリカドルなのでご注意を

 

カナダからアメリカへの移動は楽

このようにカナダからアメリカへ飛行機で行くときは特にややこしいことはありません。

 

カナダの空港で全ての手続きを終わらせてあとは国内移動をするくらいに楽なのです。

 

カナダの空港での流れ

  • セキュリティチェック、入国審査と手続きが多いので早めに空港へ
  • 入国書類、税関申告はKIOSK端末に入力する
  • 入国審査官に聞かれることは大体決まってる
  • アメリカの空港では特に何も無い

 

カナダからアメリカ乗り継ぎの注意

  • ESTAは絶対必要
  • 免税店で買った液体物も機内持ち込みできる

 

以上がカナダからアメリカ経由で帰国する時の流れです。

これでどうやって乗り継げばいいのかわかったので空港でも迷うことはありません。当日もスムーズです。

 

みなさん楽しい旅を!

 

この記事の逆日本→アメリカ→カナダの流れはこちら。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。